ラメス(2世)(英語表記)Rames Ⅱ

  • 2世
  • ラメス

旺文社世界史事典 三訂版の解説

生没年不詳
古代エジプト第19王朝の王(在位前1290〜前1224)
エジプト繁栄期最後の王。シリア方面に出兵してヒッタイトと戦い,文献に残る最古の対等な和議を結んだ。このカデシュの戦い(前1286)と平和条約(前1269)についてはくわしい記録が残っている。以後,デルタ地帯に諸都市を営み,カルナックに百柱殿をつくり,また多くの神殿を建てた。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android