コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラヤ山 ラヤサン

デジタル大辞泉の解説

ラヤ‐さん【ラヤ山】

Bukit Raja》インドネシア中部、カリマンタン島(ボルネオ島)南西部の山。シュワネル山脈北東端に位置する。同島インドネシア領の最高峰で、標高2278メートル。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラヤ山
らやさん
Bukit Raja

インドネシア領ボルネオ(カリマンタン)島の最高峰。同島南西部のシュワネル山脈北東端に位置する。標高2278メートル。北麓(ほくろく)からカプアス川の支流が発し、西流して南シナ海に注ぐ。山麓一帯は密林に覆われ、未開地が大部分である。西約100キロメートル、カプアス川支流沿いにナンガピノの町があり、ここまで主要幹線道路が通じている。なお、シュワネル山脈の最南端にも同名の山(1200メートル)がある。[上野福男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ラヤ山の関連キーワードアルナーチャル・プラデーシュ[州]アルナーチャルプラデシュ州ガネーシュ・ヒマール[山]ナンガ・パルバット[山]カンティセ(岡底斯)山脈ヒマチャル・プラデシュアルプス・ヒマラヤ地帯ヒマチャルプラデシュ州チベットヒマラヤ山塊ヒマル・チュリ[山]ヤルンズアンボ[川]ナンダ・コット[山]マウンテンフライトカンチェンジュンガカリマンタン島アイソスタシーヤムナー[川]チベット高原シワリク丘陵アンナプルナ

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android