ラヤ山(読み)ラヤサン

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラヤ山
らやさん
Bukit Raja

インドネシア領ボルネオ(カリマンタン)島の最高峰。同島南西部のシュワネル山脈北東端に位置する。標高2278メートル。北麓(ほくろく)からカプアス川の支流が発し、西流して南シナ海に注ぐ。山麓一帯は密林に覆われ、未開地が大部分である。西約100キロメートル、カプアス川支流沿いにナンガピノの町があり、ここまで主要幹線道路が通じている。なお、シュワネル山脈の最南端にも同名の山(1200メートル)がある。[上野福男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android