ランガ(英語表記)Robert Lingat

世界大百科事典 第2版の解説

ランガ【Robert Lingat】

1892‐1972
フランスの学者。東南アジアに継受されたインド古代法比較研究の権威。北フランスのアルデンヌ県生れ。1919年パリ東洋語学校卒業後,24年法律顧問としてタイに渡り,タイの伝統法である《三印法典》の研究に没頭,32年《シャム古代法における私奴隷の研究》で法学博士号を取得した。タイのタマサート大学における〈タイ法制史〉(1935‐39)の講義はのちに出版され,今日もなお高い評価を受けている。38‐39年《三印法典》の校訂本を出版するとともに,同法典に関する数々の論考を発表してタイ伝統法研究の基礎を築いた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ランガの関連情報