コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ランガ Robert Lingat

世界大百科事典 第2版の解説

ランガ【Robert Lingat】

1892‐1972
フランスの学者。東南アジアに継受されたインド古代法比較研究の権威。北フランスのアルデンヌ県生れ。1919年パリ東洋語学校卒業後,24年法律顧問としてタイに渡り,タイの伝統法である《三印法典》の研究に没頭,32年《シャム古代法における私奴隷の研究》で法学博士号を取得した。タイのタマサート大学における〈タイ法制史〉(1935‐39)の講義はのちに出版され,今日もなお高い評価を受けている。38‐39年《三印法典》の校訂本を出版するとともに,同法典に関する数々の論考を発表してタイ伝統法研究の基礎を築いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ランガの関連キーワードピエモンテの葡萄畑景観:ランゲ・ロエロ・モンフェッラートアラン・シャペルさん(1937~90)ボチャベロヒストリカルビレッジオーランガーバード石窟群室戸台風の災害復旧橋梁群鹿児島県大島郡宇検村石良アウランガーバード石窟群イースタン・クロム鉱山ジョセフ アーランガーティシュケビチュス宮殿chaturangaグルラ・マンダータ山シャープビル虐殺事件ピルグリムズレストオーランガーバードアウランガーバードマナサロワール湖ラング(言語学)タマンナルマダプレンティー湾

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ランガの関連情報