コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ランジュバン関数 ランジュバンかんすう Langevin function

1件 の用語解説(ランジュバン関数の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ランジュバン関数
ランジュバンかんすう
Langevin function

P.ランジュバン常磁性古典統計理論で導入した関数 Lx)=coth x-(1/x)のこと。大きさが一定で方向が自由な電気双極子モーメント p をもった原子からなる系に,一定方向に一様な強さ E の電場をかけると,絶対温度 T のとき,1原子あたりの平均の双極子モーメントの電場方向の成分は pLpE/kT)になる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のランジュバン関数の言及

【ランジュバン】より

…かたわら,1904年からP.キュリーの後任としてパリ物理化学学校でも教え,のちには校長を兼任,28年にはH.A.ローレンツの後任として,ソルベー会議の議長もつとめた。常磁性と反磁性の研究で知られ,常磁性の磁化率を表す関数(ランジュバン関数)を導入,このほか気体や液体や誘電体中でのイオンの研究,ブラウン運動に関する研究もある。第1次大戦中には,潜水艦探知用の音波探知機の開発にも従事した。…

※「ランジュバン関数」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ランジュバン関数の関連キーワード常磁性体長ジュバン汗ジュバン袷ジュバン古典統計力学肌ジュバンパウリの常磁性ボーア‐ファンリューヴェンの定理ランジュヴァンの常磁性理論古典統計

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone