ランダウ‐ルーマ損失(英語表記)Landau-Rumer loss

法則の辞典の解説

ランダウ‐ルーマ損失【Landau-Rumer loss】

固体中の横波の超音波が,熱的に励起されたフォノンによって吸収される現象で,超音波の角振動数 ω と熱フォノンの寿命 τ との積 ωτ≫1を満足する場合である.超音波の横波フォノンが縦波の熱フォノンに吸収された結果,縦波のフォノンにする.この遷移確率から,超音波吸収係数 α は次の式で求められる.

ここで kボルツマン定数*,γ はグリューンアイゼン定数*hプランク定数*vtvl は縦波と横波それぞれの音速である.

ωτ≪1の場合には,超音波は局所的な弾性定数の変化をもたらし,熱フォノンの局所的な平衡分布がこれに追随すると考えると下の式が得られる.これは,アキーザ損失*といわれる.アキーザ損失*も参照.

vs は異方性を無視したときの音速,κ は固体の熱伝導率である.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android