コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ランダウ‐ルーマ損失 Landau-Rumer loss

1件 の用語解説(ランダウ‐ルーマ損失の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

ランダウ‐ルーマ損失【Landau-Rumer loss】

固体中の横波の超音波が,熱的に励起されたフォノンによって吸収される現象で,超音波の角振動数 ω と熱フォノンの寿命 τ との積 ωτ≫1を満足する場合である.超音波の横波フォノンが縦波の熱フォノンに吸収された結果,縦波のフォノンにする.この遷移確率から,超音波吸収係数 α は次の式で求められる.

ここで kボルツマン定数*,γ はグリューンアイゼン定数*hプランク定数*vtvl は縦波と横波それぞれの音速である.

ωτ≪1の場合には,超音波は局所的な弾性定数の変化をもたらし,熱フォノンの局所的な平衡分布がこれに追随すると考えると下の式が得られる.これは,アキーザ損失*といわれる.アキーザ損失*も参照.

vs は異方性を無視したときの音速,κ は固体の熱伝導率である.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ランダウ‐ルーマ損失の関連キーワード音波超音波断層法横波超音波探傷器超音波検査法超音波処理超音波ホモジナイザーコッセル効果デバイ‐シアーズ効果和賀井敏夫

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone