コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラ・アルヘンティニータ ラ・アルヘンティニータLa Argentinita

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラ・アルヘンティニータ
La Argentinita

[生]1895. ブエノスアイレス
[没]1945.9.24. ニューヨーク
スペインの舞踊家。本名 Encarnación López。6歳のときマドリードデビュー民俗舞踊にもスペインクラシック・ダンスにもすぐれた才能を示した。 1932年民衆詩人 G.ロルカとともにマドリード・バレエ団を組織して,スペイン国内を巡演。このバレエ団は,ロルカの演劇も同時に上演した移動劇団でもあった。ロルカの台本,作曲に成る『カフェ・デ・モニータ』を振付けたほか,代表作に『ボレロ』と『ゴエスカス』がある。妹の P.ロペスも舞踊家。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ラ・アルヘンティニータの関連キーワード日清戦争史(年表)ゴーリキー(Maksim Gor'kiy)深刻小説日清戦争樋口一葉レントゲン(Wilhelm Konrad Röntgen)リュミエール兄弟観念小説文芸倶楽部[各個指定]工芸技術部門

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone