コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

博文館 はくぶんかん

3件 の用語解説(博文館の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

博文館【はくぶんかん】

大橋佐平が1887年に創立した出版社。当時の諸家の論文を集めた《日本大家論集》で基礎を固め,《太陽》《少年世界《中学世界》《女学世界》《文芸倶楽部》等の雑誌を刊行。
→関連項目巌谷小波押川春浪共同印刷[株]斎藤緑雨実業之日本週刊誌帝国文庫松原二十三階堂山手樹一郎横溝正史

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

はくぶんかん【博文館】

1887年,大橋佐平が東京本郷で創業した出版社。創業にあたり,集録雑誌《日本大家論集》を創刊し,驚異的成功を収めた。ついで各種の雑誌を創刊し,雑誌出版を事業の柱の一つとした。なかでも高山樗牛を主幹とする総合雑誌《太陽》(1895創刊),巌谷小波編集の《少年世界》(1898創刊),硯友社と結んだ《文芸俱楽部》(1895創刊),田山花袋編集の《文章世界》(1906創刊)などが著名である。一方,全書・双書類を中心とする書籍出版にも進出,《実地応用・技芸百科全書》全61巻(1889‐93)をはじめとして,《日本文学全書》全24冊(1890‐91),《帝国文庫》正続100巻(1893‐1902)などを連続的に出版したが,とくに博文館の声価を高めたのは《帝国百科全書》全200巻(1898‐1909)で,10年の歳月をかけた大出版であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

博文館
はくぶんかん

1887年(明治20)大橋佐平(1835―1901)が創業した出版社。ベストセラーとなった創刊雑誌『日本大家論集』をはじめ、高山樗牛(ちょぎゅう)の編集による総合雑誌『太陽』や、尾崎紅葉、川上眉山(びざん)、大橋乙羽(おとわ)、広津柳浪(りゅうろう)ら硯友社(けんゆうしゃ)一派をおもな寄稿家とした『文芸倶楽部(くらぶ)』、童話作家巌谷小波(いわやさざなみ)の編集による『少年世界』など、明治期だけで60余種の雑誌を創刊。それまでの政論新聞や啓蒙(けいもう)的な雑誌に対して、大衆的な商業雑誌として読者の拡大と大量販売に成功した。叢書(そうしょ)の出版は、「帝国文庫」「帝国百科全書」「教育全書」「工業全書」「農業全書」など、今日の全集シリーズ本の原型といえるあらゆる種類の逐次刊行物を次々と発行した。単行本は、政治、法律、経済、理工学、医学、語学、文学などの分野にわたり、学術書、啓蒙書、実用書などの形式で、1947年(昭和22)の廃業までに約3000点を発行、近代出版界において博文館時代を築いた。2代目館主大橋新太郎は、印刷(博文館印刷所。現共同印刷株式会社)をはじめ洋紙店、取次販売業、広告代理店の諸部門を掌握し、出版企業の合理化に成功したが、1902年(明治35)に衆議院議員に当選する一方、東京瓦斯(ガス)をはじめ20余の会社法人の代表を務めるなど政財界への進出と、大正から昭和の初頭にかけて他新興出版社の台頭もあって、一世を風靡(ふうび)した出版王国もしだいに退潮していった。現在は『博文館日記』などを発行している博文館新社と、農業関係書などを発行している傍系の博友社が残っている。[大久保久雄]
『坪谷善四郎編『博文館五十年史』(1937・博文館) ▽坪谷善四郎編『大橋佐平翁伝』復刻版(1974・栗田出版会) ▽坪谷善四郎著『大橋新太郎伝』(1985・博文館新社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の博文館の言及

【大橋佐平】より

博文館の創業者。越後国長岡生れ。…

【少年世界】より

…1895年1月創刊,1933年10月終刊。博文館発行。日清戦争後の時運に乗り,それまで博文館が出していた数種類の雑誌,叢書などを統合して創刊された月2回刊の雑誌。…

【太陽】より

博文館発行の月刊誌。1895年1月創刊。…

※「博文館」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

博文館の関連キーワード大橋新太郎平がる大野孫平大橋光吉大橋まつ長夜園月好坪谷善四郎房の屋並木本郷庵切通山本留次

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

博文館の関連情報