コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラージマハール Rājmahāl

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラージマハール
Rājmahāl

インド北東部,ビハール州東部の古都。バーガルプル東南東約 85km,ガンジス川右岸に位置。一時はムガル帝国ベンガルの行政中心地であった。背後をラージマハール丘陵に守られた戦略上の要地として,1595年行政官マン・シングにより都に選ばれ,1608年都はダッカに移り 39年に戻ったが,60年再びダッカに移転。当時の壮麗な建造物は,ほとんど廃虚となっている。人口1万 3947 (1991) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android