コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラージマハール Rājmahāl

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラージマハール
Rājmahāl

インド北東部,ビハール州東部の古都。バーガルプル東南東約 85km,ガンジス川右岸に位置。一時はムガル帝国ベンガルの行政中心地であった。背後をラージマハール丘陵に守られた戦略上の要地として,1595年行政官マン・シングにより都に選ばれ,1608年都はダッカに移り 39年に戻ったが,60年再びダッカに移転。当時の壮麗な建造物は,ほとんど廃虚となっている。人口1万 3947 (1991) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android