コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラーダー Rādhā

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラーダー
Rādhā

インド神話のクリシュナの恋人。クリシュナ崇拝とともにインド文学上で最も民衆的な女主人公。ラーダー崇拝は新ウパニシャッドの『ゴーパーラ・ターパニーヤ・ウパニシャッド』にその起源を発するといわれるが,プラーナを聖典とする派ではこれを認めない。クリシュナとの恋を主題とした最大の抒情詩はジャヤデーバの『ギータゴービンダ』で,ビシュヌ文学の先駆をなす。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のラーダーの言及

【クリシュナ】より

…英雄クリシュナはまた牧女たちのあこがれの的であった。特に牧女ラーダーRādhāは,牧歌的抒情詩《ギータゴービンダ》により,彼の愛人として有名である。彼の正妻はルクミニーであり,彼女の産んだプラデュムナは愛神カーマの化身とされる。…

【ビシュヌ派】より

…後世有名なのは〈10化身〉説で,それによれば,ビシュヌはこの世に,魚,亀,野猪,人獅子,小人,パラシュラーマ,ラーマ,クリシュナ,ブッダ,カルキとして現れるという。なかでもラーマとその妃シーター,クリシュナとその妃ラーダーは,しばしば文芸の対象になり,広くインド全土で熱烈に崇拝されてきた。この派の存在は,前5~前4世紀以降の文献などによって確かめられるが,その教義がまとまった形をとったのは,叙事詩《マハーバーラタ》の一部に組み込まれている《バガバッドギーター》においてである。…

【ラージプート絵画】より

…同時期のムガル細密画の影響を無視できないが,主題,画法ともに大いに異なり,ラージプート絵画はヒンドゥー教ことにビシュヌ神信仰と深く結びついて展開した。最も好まれた主題は,若くて美しい牛飼いの青年クリシュナと乳しぼりの乙女ラーダーとの恋である。ビシュヌ神の化身であるクリシュナの伝説は《バーガバタ・プラーナ》に詳しく,12世紀末のジャヤデーバの《ギータゴービンダ(牛飼いの歌)》はクリシュナと牧女との恋を美しくうたい上げている。…

※「ラーダー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ラーダーの関連キーワードK.C. バッタチャリヤナルシンフ・メヘターラーダークリシュナンバーガバタ・プラーナビシュヌスバーミンチャンディーダースラージプート絵画ベーダーンタ学派ビベーカーナンダモラーダーバードローラースポーツビハーリーラールモラーダバードラーマーナンダ有機リン殺虫剤チャイタニヤ派ブラフマーンダクンダリニーチャイタニヤ有機リン製剤

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ラーダーの関連情報