コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギータゴービンダ Gītagovinda

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ギータゴービンダ
Gītagovinda

インドのサンスクリット抒情詩。邦訳名『牛飼いの歌』。 12世紀後半頃の詩人ジャヤデーバ作。 12章から成り,ビシュヌ神の化身である牧童クリシュナと牛飼い女ラーダーとの官能的恋愛を主題としている。作者はサンスクリットの詩的技巧を縦横に駆使し,音楽的効果を企図しているが,この田園情緒豊かな恋愛抒情詩の背後には,神と人間との関係の暗示があるとの解釈がなされ,この神秘的意義によってビシュヌ崇拝者の絶賛を博し,いわゆるビシュヌ派文学の先駆をなすものといわれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ギータゴービンダ【Gītagovinda】

ジャヤデーバ(12世紀)作のサンスクリット恋愛抒情詩。〈牛飼いの歌〉の意。12章から成り,牛飼いクリシュナとして化身したビシュヌ神と牧女ラーダーとの官能的恋愛を主題とし,劇的要素も含まれているが,その背後に神と人間との関係を暗示するものとして,神秘的意義が説かれている。各種の韻律を用い,頭韻,脚韻などの修辞的技巧を駆使しつつ,熱烈なビシュヌ神崇拝の思想を高揚している。この詩は牧童クリシュナと恋人ラーダーと彼女の女友だちの3人の抒情詩句のみで終始し,その間にビシュヌ賛美の詩句が挿入されている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のギータゴービンダの言及

【インド文学】より

…その背景には膨大な広がりを持つ民間口承文学が存在するが,ベンガルの場合,この両者の境界線が必ずしも明確であるわけではない。古代の文献では,10~12世紀の密教の行者による歌を集めたといわれる《チャルジョ・ギティ》と,12世紀の宮廷詩人ジョエデブの《ギータゴービンダ》が重要である。前者はベンガル語最古の文献でベンガル密教文学の伝統を示すものであり,後者はサンスクリット語の作品ではあるが後のビシュヌ派文学への影響を考えると見逃すことができない。…

※「ギータゴービンダ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ギータゴービンダの関連キーワードラージプート絵画オリッシィ

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android