コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラートリー ラートリー Rātrī

2件 の用語解説(ラートリーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラートリー
ラートリー
Rātrī

サンスクリット語で夜を意味し,『リグ・ベーダ』第 10巻 127頌で歌われる夜の女神。昼の女神ウシャスの姉。星を眼としていたるところを眺めている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラートリー
らーとりー
Rtr

古代インドの女神。夜を神格化したもの。インド最古の聖典『リグ・ベーダ』において、この女神は暁紅(ぎょうこう)の女神ウシャスの姉妹とされ、しばしば一対の神としてたたえられる。ウシャスと同じく天の娘とよばれ、また不死の女神とよばれる。この女神は星々を目とし、あらゆる美を身につけ、広大な空間を満たし、光明により暗黒を払うという(この場合は星明かりの夜)。古代インドの人々はこの女神に夜間の安全を祈願した。[上村勝彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラートリーの関連キーワードアートマンサンスクリット劇サンスクリット語サンスクリット文学プラプラークリット語アインスクナ古典サンスクリットサンスクリット化《サンスクリット文法》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ラートリーの関連情報