不死(読み)ふし(英語表記)immortality

翻訳|immortality

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

不死
ふし
immortality

人間が肉体の死後も個体性を保ちつつ無限に存続すること。 (1) 霊魂の不死 霊魂は人間の本質部分である非物質的実体で,死とともに肉体の束縛を離れるというほとんどの宗教に共通の思想。 (2) 復活 神の全能により再び肉体を具有し真の人間となるというキリスト教の教義。 (3) 人間幽影説 人間は影のような存在で,具有する肉体を容易に脱出するという心霊論者の考え。 (1) の多くは倫理的努力に対する応報としての来世観を伴い,来世での生の完成を理想とする。プラトンは人間の理性機能が超越者への参与を反映することから,またカントは実践理性の要請として,霊魂の不死を論証した。唯物論は不死信仰を拒否する。上記の不死説と区別すべきものとして,個人の霊魂は死滅するが,人類全体の類的霊魂の不死を主張する学説もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ふ‐し【不死】

〘名〙 いつまでも死なないこと。永久に生き続けること。
三教指帰(797頃)中「今当授子、以不死之神術」 〔山海経‐海外南経〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の不死の言及

【死】より

…タイラーの説はあまりにも合理主義的な説明だとの批判にさらされたが,死後の存在と他界の表象の発生を,人間の記憶の能力と心像の外的投影に求めたことは基本的に正しい。死霊として死後も人の個性が存続するという信仰は,キリスト教などの歴史宗教における霊魂不死の考え方に近いといえるが,未開文化にあってはこの不死を永遠のものとすることはまれである。つまり多くの場合,他界での生はこの世の生ときわめて似かよったものとイメージされており,それゆえに霊魂もまたあの世で死ぬと考えられている。…

【仙術】より

…穀類は血液を濁らせるとともに,体内に巣くう悪鬼の三虫ないし三尸(さんし)は穀類の精を養分として育つと考えられたのである。また《山海経(せんがいきよう)》や《戦国策》などには不死の薬にかんする話があり,戦国時代には服薬も行われていたのであろう。秦の始皇帝も東海中の三神山に不死の薬をもとめさせた。…

※「不死」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

不死の関連情報