コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラーンダ語 ラーンダごLāhndā language

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラーンダ語
ラーンダご
Lāhndā language

西パンジャブ語ともいう。パキスタンの北東部に約 1500万人の話し手をもつ言語。インド=ヨーロッパ語族インド=アーリア語派に属する。3方言に大別され,そのうちジャバルプル地方に話される南部方言が標準語イスラム教徒アラビア文字を用い,ヒンドゥー教徒はナーガリー文字の系統をひくラーンダ文字を用いる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ラーンダ語の関連キーワード西パンジャブ語シンディー語インド

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android