コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リアエンジン rear engine

デジタル大辞泉の解説

リア‐エンジン(rear engine)

自動車や航空機などで、車体・機体の後部にエンジンを備えていること。また、そのエンジン。
《rear engined carから》後部にエンジンを備え、後輪を駆動して走る自動車。
[補説]rear-engine, rear driveの略としてRRとも呼ぶが、日本語での用法。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リアエンジン
りあえんじん
rear engined car

走行用の原動機を後部に備えた自動車の総称、およびその型式。乗用車だけでなく、中・小型トラック、各サイズのバスにもみられる。乗用車ではエンジン、変速機を後部にコンパクトにまとめることによって、プロペラシャフトが省略でき、室内の有効空間を広められるので、第二次世界大戦前から1950年代にかけて、主として小型大衆車に流行した。フォルクスワーゲン・ビートルルノー4CV、フィアット500/600、スバル360などがその例である。しかし60年代に入って、より空間効率に優れ、安定性、安全性も高い前輪駆動(FF)方式が普及した結果、急速に姿を消した。[高島鎮雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

リアエンジンの関連キーワードFCT(フィンガーコントロールトランスミッション)いすゞ 大型観光バス ガーラVW排ガス規制不正フィアット600バス(自動車)ポルシェ911リアドライブRR方式サンバーナノ

リアエンジンの関連情報