リアルタイムOS(読み)リアルタイムオーエス

デジタル大辞泉「リアルタイムOS」の解説

リアルタイム‐オーエス【リアルタイムOS】

real time operating system》処理要求に対し、一定の時間内に実行することを重視したオペレーティングシステム。主に産業機械の組み込みシステムなどで利用される。処理に要する時間を予測したり、複数の処理要求の優先度を決定したりする機構をもつ。TRONプロジェクトのITRONが知られる。リアルタイムオペレーティングシステムRTOS

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ASCII.jpデジタル用語辞典「リアルタイムOS」の解説

リアルタイムOS

リアルタイム処理用のOS。WindowsやMac OSなどとは異なり、操作性よりも処理の速さを重視した設計になっている。代表的なものに、制御機械向けのITRONがある。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

猛暑日

日最高気温が 35℃以上の日。気象庁では 2007年4月から定義し使用を始めた。おもな都市の平年値(1981~2010)は,稚内 0日,札幌 0日,仙台 1日,新潟 3日,東京 3日,名古屋 12日,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android