産業機械(読み)さんぎょうきかい(英語表記)industrial machines

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

産業機械
さんぎょうきかい
industrial machines

産業機械,生産機械の語は,新制大学発足当時に機械工学の講座名として登場し,以来一般化した造語で,概念は人により異なるが,集約的には「各種産業で最終生産品の製造産出に直接関与する機械,およびその付帯設備機械」といえる。したがって生産に直接関与しない交通運輸機械,電気機械,計測器械などは含まれず,また機械 (複数の構造要素をもちその運動で仕事をする) の要素をもたない除外される。1次産品生産機械とその関連機械,すなわち鉱山炭鉱製錬・土木建築などの機械類,諸種の原動機,大型の運搬機械などは,包含と除外の両論がある。その種類は多く,これらはその生産品が直接人間生活と深くかかわるものだけに,過去2回の産業革命で,その進歩が生活の程度と様式に大きな変化を与えた。原子力利用と電子機器の進歩に象徴される第3次産業革命期といわれる現代では,生活向上の希求,世界人口増による需要増加,技術総合による新しい産業構造の進展などが相まって,産業機械の省略化,無人化の進度 (高度産業用ロボットの開発) に期待が寄せられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android