コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リエージュ州 リエージュLiège

翻訳|Liège

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リエージュ〔州〕
リエージュ
Liège

ベルギー東部の州。州都リエージュ。フランス語系住民が主であるが,東部のオイペンマルメディ地区 (1920年までドイツ領) ,モレネ地区 (20年まで中立地区) では現在もドイツ語が広く使用される。北西部のエズベー高原からムーズ河谷を経て東部アルデンヌ高原にまたがる州域は,長くリエージュ司教公領の中心部を占め,古い伝統,ムーズの水運,資源,交通の便などに恵まれ,ムーズ河谷を中心に,コークス,鉄鋼,非鉄金属,機械,化学など,国内最大の重化学工業地域を形成。リエージュ東南東のベルビエは,国内第1の羊毛工業都市。農業も盛んで,コムギとテンサイのエズベー高原,酪農と園芸のムーズ河谷,酪農と果樹のエルブ地方高原,牧畜のアルデンヌ高原に大別される。ウルト河谷は保養地として有名。面積 3862km2。人口 99万 9646 (1991) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

リエージュ州の関連キーワードF1ベルギーGP決勝サンランベール広場エルスタールベルギー文学ビューラン山エルスタルモダブ城セランスランスパー