リオ・グランデ・ド・ノルテ(読み)りおぐらんでどのるて(英語表記)Rio Grande do Norte

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リオ・グランデ・ド・ノルテ
りおぐらんでどのるて
Rio Grande do Norte

ブラジル北東部の州。南アメリカ大陸北東端に位置する。面積5万3306.8平方キロメートル(1966)、人口277万6782(2000)。州都ナタールのある東海岸沿いのみが湿潤気候で、サトウキビの栽培地域となっている。ほかの大部分は長い乾期をもつ熱帯半乾燥気候で、干魃(かんばつ)にみまわれることが多い。カーチンガとよばれる有刺灌木(かんぼく)林をなすこの地域はおもに牧牛地域であるが、農産物としては、キャッサバ、フェイジョン豆などの自給作物のほか、綿花、サイザルアサ、カシューナッツなどの耐乾性の商品作物の生産が多い。半乾燥気候の北海岸では製塩が盛んである。[松本栄次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android