カシューナッツ

百科事典マイペディアの解説

カシューナッツ

ウルシ科の高さ12〜15mの常緑高木。熱帯アメリカ原産,熱帯アジアなどでも栽培される。花托は膨大し肉質,黄だいだい色でカシューアップルと呼ばれ食用にする。花托の先端につく種子は勾玉(まがたま)形でローストして酒のつまみ,菓子材料とする。種子からとれる油はカシュー樹脂塗料の原料となる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

カシューナッツ

 [Semecarpus anacardium],[Anacardium occidentale].ムクロジ目ウルシ科の常緑樹で植物自体もカシューナッツと呼ばれ,食用にする種子中の仁も食品名としてカシューナッツと呼ばれる.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カシューナッツ【cashew】

熱帯アメリカ原産で,現在は広く世界の熱帯地域に栽培されているウルシ科の常緑果樹。マガタマノキとも呼ばれる。樹高10m余りになり,切口からは白色の乳液を出す。葉は革質,長さ10~20cm。花は小型で,枝頂に円錐花序につき,両性花と雄花を混在し,白っぽい黄緑色か赤色をおびる。果実は勾玉(まがたま)状(長さ2.5~3cm)で,紅色で光沢のある花梗(多肉のヨウナシ状に肥大し長さ4~8cm)の頂端につく。若芽や葉が野菜とされるが,利用対象で重要なものは種子で,果肉をとりさった腎臓形のカシューナッツは,炒(い)って広く食用にされていて約50%の油を含む。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

カシューナッツ【cashew nuts】

カシューノキの果実の仁じん。勾玉まがたま状で長さ2~3センチメートル。脂肪分に富み、食用とする。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

カシュー‐ナッツ

〘名〙 (cashew nuts) カシューの果実。白色で、多量の脂肪と蛋白質を含み、食用にする。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カシューナッツの関連情報