カシューナッツ(英語表記)cashew nuts

  • cashew

百科事典マイペディアの解説

ウルシ科の高さ12〜15mの常緑高木。熱帯アメリカ原産,熱帯アジアなどでも栽培される。花托は膨大し肉質,黄だいだい色でカシューアップルと呼ばれ食用にする。花托の先端につく種子勾玉(まがたま)形でローストして酒のつまみ,菓子材料とする。種子からとれる油はカシュー樹脂塗料原料となる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

熱帯アメリカ原産で,現在は広く世界の熱帯地域に栽培されているウルシ科の常緑果樹。マガタマノキとも呼ばれる。樹高10m余りになり,切口からは白色の乳液を出す。葉は革質,長さ10~20cm。花は小型で,枝頂に円錐花序につき,両性花雄花を混在し,白っぽい黄緑色か赤色をおびる。果実は勾玉(まがたま)状(長さ2.5~3cm)で,紅色で光沢のある花梗(多肉のヨウナシ状に肥大し長さ4~8cm)の頂端につく。若芽や葉が野菜とされるが,利用対象で重要なものは種子で,果肉をとりさった腎臓形のカシューナッツは,炒(い)って広く食用にされていて約50%の油を含む。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (cashew nuts) カシューの果実。白色で、多量の脂肪と蛋白質を含み、食用にする。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カシューナッツの関連情報