コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カーチンガ caatinga

世界大百科事典 第2版の解説

カーチンガ【caatinga】

ブラジル北東部の半乾燥気候の地域に分布する有棘低木,サボテン,アガベ(リュウゼツラン)などが混在する植生をいう。この地域では年降水量が300~800mmであるが,乾季と雨季が明瞭で,乾季には,すべての木々が葉を落とし,乾燥して白茶けた土壌とともに,カーチンガ(インディオの言葉で〈白い森〉の意)そのものの様相を呈する。ところが雨季になり,1~2回でも雨が降ると,白い森は一変して緑になる。カーチンガといっても,降水量や土壌あるいは放牧などの人為作用によって,その様相は異なる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のカーチンガの言及

【サバンナ】より

…サバナともいう。アフリカ中部のいわゆるサバンナ,南米北部のリャノllano,カーチンガcaatinga,カンポcampoなどのほか,オーストラリア北・中部,インド半島,カリブ海地方などに分布し,丈の高い草原の中に孤立木が散在する長草サバンナを主体とするが,気候,土壌等の条件の差に応じてその相観はさまざまである。語源はカリブ語のzavanna(草原,平野の意)がスペイン語のsabanaとなり,トリニダード島などの旧イギリス領で英語に取り入れられてアフリカに伝わったらしい。…

【サバンナ】より

…サバナともいう。アフリカ中部のいわゆるサバンナ,南米北部のリャノllano,カーチンガcaatinga,カンポcampoなどのほか,オーストラリア北・中部,インド半島,カリブ海地方などに分布し,丈の高い草原の中に孤立木が散在する長草サバンナを主体とするが,気候,土壌等の条件の差に応じてその相観はさまざまである。語源はカリブ語のzavanna(草原,平野の意)がスペイン語のsabanaとなり,トリニダード島などの旧イギリス領で英語に取り入れられてアフリカに伝わったらしい。…

※「カーチンガ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カーチンガの関連キーワードリオ・グランデ・ド・ノルテペルナンブコ[州]バイア[州]ピアウイ州南アメリカブラジルサバンナカンポ

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android