コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リキテンシュタイン Lichtenstein, Roy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リキテンシュタイン
Lichtenstein, Roy

[生]1923.10.27. ニューヨーク,ニューヨーク
[没]1997.9.29. ニューヨーク,ニューヨーク
アメリカ合衆国の画家。アート・スチューデンツ・リーグ,オハイオ州立大学で学び,グラフィック・デザイナーを経て絵画に専念。抽象表現主義の影響を受けて出発したが,1960年代に入るとスタイルを一変させ,新聞の色刷り漫画(コミック・ストリップ)の 1コマを拡大し網点をそのまま転写した絵画で注目を浴びた。マスメディアとして印刷されているものを再絵画化し,アンディ・ウォーホルと並ぶポップ・アートの代表者となった。1964年から『筆触』の連作を始め,1970年からは『鏡』の連作に取り組んだ。立体作品もある。主要作品は『溺れていく少女』 (1963,ニューヨーク近代美術館) ,"Whaam!" (1963,テート・ギャラリー) など。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

リキテンシュタインの関連キーワードリキテンスタインポップアート

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

リキテンシュタインの関連情報