筆触(読み)ひっしょく(英語表記)touch

翻訳|touch

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

絵画用語。絵画で絵具を用いて画布またはその他の材料の上にマティエール,つまり画面の肌を作り出すときの方法とその効果。特に油彩画の場合は絵具が濃厚で粘着力があるため,筆の跡を画面に残すことができるので,速さ,強さ,方向,リズムなどによってある運動や気分,作者の個性が表現される。 (→ブラッシュワーク )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

絵画などで、筆さばきによってあらわれた明暗・リズム感などの効果。ふでざわり。タッチ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 画家の筆が画面に触れた筆のあと。タッチ。
※科学者と芸術家(1916)〈寺田寅彦〉「芸術家が神来的に得た感想を表わす為に使用する色彩や筆触や旋律や」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

筆触の関連情報