コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リギルケンタウルス Rigil Kentaurus

デジタル大辞泉の解説

リギル‐ケンタウルス(Rigil Kentaurus)

ケンタウルス座α(アルファ)星。明るさはマイナス0.3等で、距離4.3光年。三重連星であり、ともに太陽に似た主星のA星と第一伴星のB星が公転周期80年で互いに周回し、0.2光年離れた軌道を第二伴星のプロキシマケンタウリが100万年の周期で回る。プロキシマケンタウリは太陽系に最も近い恒星として知られる。アルファケンタウリ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のリギルケンタウルスの言及

【プロキシマケンタウリ】より

…プロキシマ(プロクシマ)は,ラテン語で〈隣接したもの〉の意で,太陽にもっとも近い恒星。ケンタウルス座のα星であるリギルケンタウルスの伴星であり,フレア星でもある。X線や紫外線を強く放っている。…

※「リギルケンタウルス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

リギルケンタウルスの関連キーワードαケンタウリ

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android