コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リサイクル条例 リサイクルじょうれい

1件 の用語解説(リサイクル条例の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リサイクル条例
リサイクルじょうれい

限りある資源を有効に利用し地域から地球全体まで貴重な自然環境を守っていこうという意識が高まるにつれて,自治体レベルでも,国のリサイクル法や改正廃掃法に準じた条例を制定しようという動きが広がってきた。東京では,都の清掃条例が 1992年に改正されて,廃棄物の処理及び再利用に関する条例が制定されたが,それよりわずかに早く東京都保谷市が日本初のリサイクル条例を誕生させている。市民,行政,事業者の3者に対しそれぞれの立場での協力を求めたもので,流通・サービス業や工場には包装・容器の簡素化をはかる努力義務を,大規模事業者には資源の再利用とリサイクル製品の使用計画の提出義務をそれぞれ課しているのが特徴である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone