コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リザーブ・トランシェ reserve tranche

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リザーブ・トランシェ
reserve tranche

国際通貨基金 IMF加盟国が短期的な国際収支不均衡に陥ったときにIMFクォータ額を限度として無条件に引出せる借入枠のこと。旧協定では,加盟国は割当額の 25%を金で,残りの 75%を自国通貨で払込んでいたが,このうち金出資分に相当する部分の引出枠をゴールド・トランシェという。また他国による自国通貨の引出しにより自国通貨が 75%を下回っていても,75%については無条件で IMFから外貨を引出すことができ,この枠をスーパー・ゴールド・トランシェと呼んでいた。 1978年発効の新協定では,割当額の 25%は金払込みに代えて SDRでの払込みに改正されたが,自由な引出制度とその名称は従来どおりである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

リザーブ・トランシェの関連キーワードクレジット・トランシェトランシェ・ポリシーIMFポジション国際通貨基金外貨準備

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android