コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リシリソウ death camas(s)

世界大百科事典 第2版の解説

リシリソウ【death camas(s)】

北海道の利尻島・礼文島の明るい草地に生えるユリ科の多年草(イラスト)。中国大陸北部,朝鮮半島北部,シベリアにも分布する。地下には鱗茎があり,茎は高さ10~25cmで,全形はシュロソウに似ているが,花は白色で美しい。花は7~8月,茎頂の円錐花序につく。花被,おしべはそれぞれ6個。果実は蒴果(さくか)である。リシリソウ属Zygadenusは約10種からなる小さな属で,北半球に分布。近縁なシュロソウ属同様,植物体にアルカロイド成分を含む。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

リシリソウの関連キーワード利尻礼文サロベツ国立公園メランチウム

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android