リシリソウ(英語表記)death camas(s)

世界大百科事典 第2版の解説

リシリソウ【death camas(s)】

北海道の利尻島・礼文島の明るい草地に生えるユリ科の多年草(イラスト)。中国大陸北部,朝鮮半島北部,シベリアにも分布する。地下には鱗茎があり,茎は高さ10~25cmで,全形はシュロソウに似ているが,花は白色で美しい。花は7~8月,茎頂の円錐花序につく。花被,おしべはそれぞれ6個。果実は蒴果(さくか)である。リシリソウ属Zygadenusは約10種からなる小さな属で,北半球に分布。近縁なシュロソウ属同様,植物体にアルカロイド成分を含む。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android