コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リシリソウ death camas(s)

1件 の用語解説(リシリソウの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

リシリソウ【death camas(s)】

北海道の利尻島礼文島の明るい草地に生えるユリ科の多年草イラスト)。中国大陸北部,朝鮮半島北部,シベリアにも分布する。地下には鱗茎があり,茎は高さ10~25cmで,全形はシュロソウに似ているが,花は白色で美しい。花は7~8月,茎頂の円錐花序につく。花被,おしべはそれぞれ6個。果実は蒴果(さくか)である。リシリソウZygadenusは約10種からなる小さな属で,北半球に分布。近縁なシュロソウ属同様,植物体にアルカロイド成分を含む。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

リシリソウの関連キーワード利尻島利尻礼文サロベツ国立公園礼文島草地足元の明るい中犬磚子苗利尻昆布利尻山黄金譚カントリーサイン

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone