リスクマネージメント(読み)りすくまねーじめんと

ASCII.jpデジタル用語辞典「リスクマネージメント」の解説

リスクマネージメント

危機管理のこと。具現化して欲しくないが具現化する可能性のある事柄に対し、その可能性をできるだけ低くするための活動。リスクを未然に防止するため、リスクの分析、評価、低減とコントロールを行なうこと。例えば、地震や台風、テロなどのリスクに対し発生確率や被害の大きさを勘案・回避して、全体のリスクを軽減することなどを指す。企業の多くは、利益を追求する半面、統計学の手法を使ってリスクを数値化、発生の確率と被害額を計算して、リスクを回避する保険などのコストを勘案してリスクをコントロールしている.

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「リスクマネージメント」の解説

リスク‐マネージメント

〘名〙 (risk management)
① 経営体の行動につきまとうリスクを最小限に抑え、事業活動をできるだけ効率的に遂行しようとする危険管理手法。
② 特に、企業などのリスクヘッジを保険で行なおうとするもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「リスクマネージメント」の解説

リスク‐マネージメント(risk management)

経営活動に生じるさまざまな危険を、最少費用で最小限に抑えようとする管理手法。危機管理。危険管理。リスク管理

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android