リスト型攻撃(読み)リストガタコウゲキ

デジタル大辞泉の解説

リストがた‐こうげき【リスト型攻撃】

不正アクセス手法の一。他のサービスで入手したアカウントパスワード組み合わせのリストをクラッキングに用いること。リスト攻撃。アカウントリスト攻撃パスワードリスト攻撃リスト型アカウントハッキング
[補説]複数のサービスに対し、アカウントとパスワードに同じ文字列の組み合わせを使い回す人が多いことを狙ったもの。パスワードの使い回しについて注意喚起したり、パスワードの有効期限を設定したりするといった予防対策が取られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

知恵蔵miniの解説

リスト型攻撃

ウェブサービスに不正ログインを試みる手法のひとつ。主に他社のサービスから漏洩したIDやパスワードの情報を用いて、他のウェブサイトに正規ルートからアクセスすることを指す。考えられる文字や記号の組み合わせをすべて試す「総当たり攻撃」よりも成功しやすく、複数のサービスで同じIDやパスワードを使い回すユーザーが多いことを悪用した手法でもある。パスワードリスト攻撃またはアカウントリスト攻撃とも呼ばれる。

(2019-5-16)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

リスト型攻撃の関連情報