リッデル(読み)りっでる(英語表記)Риддер/Ridder

日本大百科全書(ニッポニカ)「リッデル」の解説

リッデル
りっでる
Риддер/Ridder

中央アジア、カザフスタン共和国東カザフスタン州の都市。旧称レニノゴルスクLeninogorsk,Leninogor。人口5万6300(1999)。主産業は鉱業で、鉛、亜鉛などを産するリッデル鉱山があり、ロシア十月革命(1917)前はイギリス人が経営していた。1941年までは鉱山の発見者リッデルPhillip Ridderにちなみリッデルと称したが、同年レニノゴルスクと改称された。2002年ふたたびリッデルが正称となった。ロシアとの国境に近く、州都オスケメン(旧ウスチ・カメノゴルスク)に至る鉄道が通る。

[山下脩二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「リッデル」の解説

リッデル(Ridder/Риддер)

カザフスタン東部、東カザフスタン州の都市。旧称レニノゴルスク。リッデル鉱山があり、鉱業が盛ん。名称は鉱山の発見者フィリップ=リッデルに由来する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android