リバウンド現象(英語表記)rebound phenomenon

法則の辞典の解説

リバウンド現象【rebound phenomenon】

(1) 小脳障害において,四肢拮抗筋群間の協調が消失する現象

(2) 一般に,正常値より逸脱している値が,障害が急激に取り除かれた後に,正常値に戻る前に反対方向へと動く現象.たとえばグルコース静脈注射した後,インスリン分泌過剰のために高血糖の後に引き続き低血糖がみられること.麻薬覚醒剤の中毒治療などに際してもしばしば認められる.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android