コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リフラッギング防止協定 りふらっぎんぐぼうしきょうてい

1件 の用語解説(リフラッギング防止協定の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

リフラッギング防止協定

リフラッギングの増加を防ぐためにFAO(国連食糧農業機関)で採択された協定。リフラッギングとは、国際的な規制や国による管理規制から逃れるために、資源管理や雇用管理などの規制が少ない国に船籍を移す行為である。リフラッギングを行なっている「便宜置籍船」はIUU(不法、無規制、無報告)を招いていると問題視されており、国際的なリフラッギング防止協定が1993年から採択された。「便宜置籍船」は特に、日本の中古船を利用した台湾国籍の船が多いといわれ、ICCAT(大西洋マグロ類保存国際委員会)やCCSBT(南マグロ保存委員会)も独自に規制を行なうようになっている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リフラッギング防止協定の関連キーワード銀簾ふらりふらり掛襟コーミング土留フラッギングアウトジョッギングブラッシングストロークスラッギングアベレージウオーニングトラック

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone