コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国際食品規格 こくさいしょくひんきかくcodex alimentarius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国際食品規格
こくさいしょくひんきかく
codex alimentarius

食品の国際貿易の円滑化と消費者保護の二大目的のために,1963年国連食糧農業機関 FAOと世界保健機関 WHOが合同で設立した国際食品規格委員会によって取決められる食品に関する規格。同委員会では食品の一般原則,添加物残留農薬など食品全般に共通する事項についての規格と個々の品目別の規格など,国際的な規格の設定が検討され,作成された食品規格については,委員会が FAOおよび WHOの事務局長を通じ,FAO総長および WHOの関係機関の報告と勧告を行い,また報告書の写しが加盟国に配付されることになっている。なお日本には,日本農林規格 JASがあり,国際食品規格との間に矛盾が生じないように配慮されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

栄養・生化学辞典の解説

国際食品規格

 国際連合食糧農業機関と世界保健機関が国際的に食品規格を統一する作業をしているが,その規格.消費者保護と食品の取引の公正化が目的.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

国際食品規格の関連キーワード食品トレーサビリティコーデックス委員会危害分析重要管理点食物アレルギー照射食品賞味期限消費期限

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android