コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リプレイ・システム りぷれいしすてむinstant replay system

1件 の用語解説(リプレイ・システムの意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

リプレイ・システム

2006年から北米の一部の大会で導入されたビデオによる判定方法。ラインジャッジをめぐるトラブルが絶えないことから開発されたもので、選手は1セットに2度、ビデオ判定を要求(チャレンジ)できる。選手の抗議が正しく判定が覆ればチャレンジ回数はそのまま。タイブレークでは新たに1度のチャレンジ権が与えられる。ビデオはコート上のスクリーンにも映しだされ、球跡はコンピューター解析される。06年3月のマイアミ大会で初めて導入された後、現在はフレンチオープンを除く4大大会でも採用されている。選手の反応は様々だが、試合の流れへの影響、設備費用など、全面的普及には問題が多い。

(武田薫 スポーツライター / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

リプレイ・システムの関連キーワード意匠アイスランドの要覧アイルランドの要覧アルゼンチンの要覧アルバニアの要覧イラクの要覧エストニアの要覧エチオピアの要覧オーストリアの要覧カーボベルデの要覧

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone