コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リプレイ・システム りぷれいしすてむ instant replay system

1件 の用語解説(リプレイ・システムの意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

リプレイ・システム

2006年から北米の一部の大会で導入されたビデオによる判定方法。ラインジャッジをめぐるトラブルが絶えないことから開発されたもので、選手は1セットに2度、ビデオ判定を要求(チャレンジ)できる。選手の抗議が正しく判定が覆ればチャレンジ回数はそのまま。タイブレークでは新たに1度のチャレンジ権が与えられる。ビデオはコート上のスクリーンにも映しだされ、球跡はコンピューター解析される。06年3月のマイアミ大会で初めて導入された後、現在はフレンチオープンを除く4大大会でも採用されている。選手の反応は様々だが、試合の流れへの影響、設備費用など、全面的普及には問題が多い。

(武田薫 スポーツライター / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リプレイ・システムの関連キーワード始新世福岡国際マラソン希望枠中央委員会DSTプレオン希望入団枠男女国際大会の一本化優先座席栽弘義さん

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone