コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リプレイ・システム りぷれいしすてむinstant replay system

知恵蔵の解説

リプレイ・システム

2006年から北米の一部の大会で導入されたビデオによる判定方法。ラインジャッジをめぐるトラブルが絶えないことから開発されたもので、選手は1セットに2度、ビデオ判定を要求(チャレンジ)できる。選手の抗議が正しく判定が覆ればチャレンジ回数はそのまま。タイブレークでは新たに1度のチャレンジ権が与えられる。ビデオはコート上のスクリーンにも映しだされ、球跡はコンピューター解析される。06年3月のマイアミ大会で初めて導入された後、現在はフレンチオープンを除く4大大会でも採用されている。選手の反応は様々だが、試合の流れへの影響、設備費用など、全面的普及には問題が多い。

(武田薫 スポーツライター / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

リプレイ・システムの関連キーワード[各個指定]芸能部門ヘレン ミレン意匠テキサス大学アイスランドの要覧アイルランドの要覧アルゼンチンの要覧アルバニアの要覧イラクの要覧エストニアの要覧

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android