コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リポアミド

栄養・生化学辞典の解説

リポアミド

 リポ酸がジヒドロリポアミドアセチルトランスフェラーゼなどの中のリシン残基のε-アミノ基とアミド結合したもの.アシル基の合成と転移に関与する反応,ピルビン酸デヒドロゲナーゼ複合体,2-オキソグルタル酸デヒドロゲナーゼ複合体を構成するジヒドロリポアミドアセチルトランスフェラーゼの補酵素として働く.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

リポアミドの関連キーワードケトグルタル酸脱水素酵素

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android