コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リポアミド

栄養・生化学辞典の解説

リポアミド

 リポ酸がジヒドロリポアミドアセチルトランスフェラーゼなどの中のリシン残基のε-アミノ基とアミド結合したもの.アシル基の合成と転移に関与する反応,ピルビン酸デヒドロゲナーゼ複合体,2-オキソグルタル酸デヒドロゲナーゼ複合体を構成するジヒドロリポアミドアセチルトランスフェラーゼの補酵素として働く.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android