コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リュウキュウツツジ(琉球躑躅) リュウキュウツツジRhododendron mucronatum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リュウキュウツツジ(琉球躑躅)
リュウキュウツツジ
Rhododendron mucronatum

ツツジ科の半落葉低木。シロリュウキュウともいう。庭園に植えられる。幹は高さ1~2mで下部のほうからよく分枝し,若枝には褐色の剛毛と腺毛がある。毛が落ちたのち,樹皮は灰黒色となる。春葉は長楕円形,有柄で両面に褐色毛がある。夏葉は春葉よりやや小さい。5月頃,枝先に2~3個の白い花をつける。花柄,萼にも褐色の毛と腺毛がある。古くから栽培される園芸品種でキシツツジ,モチツツジに他種が交配したものとされている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android