コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モチツツジ モチツツジ Rhododendron macrosepalum

2件 の用語解説(モチツツジの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モチツツジ
モチツツジ
Rhododendron macrosepalum

ツツジ科の常緑低木。本州の中部地方以西および四国に分布し,低山地や丘陵地の崖に生え,近畿地方ではごく普通にみられる。古くから庭園用や盆栽として栽培されているツツジで,多くの園芸品種が知られている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モチツツジ
もちつつじ / 黐躑躅
[学]Rhododendron macrosepalum Maxim.

ツツジ科の半落葉低木。高さ1~2メートル。若枝は粘毛が多い。葉は互生し、広楕円(こうだえん)形で長さ3~6センチメートル、両端はとがり、質は薄く、両面に毛が多い。5月、新葉と同時に紅紫色花を開く。花冠は漏斗(ろうと)状で5中裂し、径4~6センチメートル、上面に濃紅色の斑点(はんてん)がある。雄しべは5本、まれに6~10本ある。萼片(がくへん)は披針(ひしん)形で大きく、花柄とともに腺毛(せんもう)が多くて粘る。(さくか)は長卵形で萼片に包まれ、褐色の毛がある。日当りのよい低山地に生え、静岡県以西岡山県南部までと、徳島県、高知県に分布する。名は、萼などがとりもちのように粘るのでいう。園芸品種も多く、庭木として栽培する。本種とヤマツツジとの雑種にミヤコツツジがある。分布域はモチツツジと同地域である。[小林義雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のモチツツジの言及

【ツツジ(躑躅)】より

…シャクナゲ節のものは〈シャクナゲ〉の項目で述べる。 ヤマツツジ節は中国のものがまだよくわかっていないが,ヤマツツジ類,サツキ類,モチツツジ類,コメツツジ類がある。一般にツツジと呼ばれるのはこれらの植物である。…

※「モチツツジ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

モチツツジの関連キーワード雲仙躑躅霧島躑躅久留米躑躅栂桜白山石南花日陰躑躅姫石南花三葉躑躅黐躑躅梅花躑躅

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

モチツツジの関連情報