腺毛(読み)センモウ

大辞林 第三版の解説

植物の表皮細胞から生じた単細胞または多細胞の毛で、多くは先端が球状に膨らみその中に分泌物を含むもの。花の蜜腺の毛、食虫植物の消化液を分泌する毛など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

植物体の表面に生える毛のうち、分泌物を出すものの総称。多細胞で先端が丸く膨らんだものが多い。分泌物は植物の種類と部位によってさまざまだが、粘液、樹脂、蜜(みつ)、揮発性油などが普通であり、塩生植物のハマアカザなどでは過剰の塩分が毛を通じて排泄(はいせつ)される。また、イラクサの葉や茎にある微小な刺(とげ)の基部は複数の小さな細胞からなるが、先端は細長い毛管状の単細胞で、手などが触れると先端が折れて毒液が体内に注入され、虫刺されと同様のかゆみを引き起こすので、刺毛(しもう)とよばれる。なお、表皮だけでなく内部の組織をも含んだ突起物である場合は、毛ではなく毛状体であるから、これが分泌を行う場合は厳密には腺毛とよぶことはできない。[福田泰二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 植物の体表にある多細胞の毛。先端に粘液その他の分泌物を含む。形状は種々あるが先端がふくらんだ棍棒(こんぼう)状のものが多い。花の蜜腺(みつせん)の毛、食虫植物が消化液を出す毛など。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の腺毛の言及

【毛】より

…細胞が1列に並んだ毛のほかに,分枝のみられる星状毛や,細胞が平面的に並んだ鱗片scaleも毛の一種である。毛の類型化はいろいろの基準によって行われ,形状から刺毛,鉤毛(こうもう),絨毛(じゆうもう),綿毛,剛毛,棘毛(きよくもう),囊状毛,星状毛,鱗毛,乳頭突起など,性質や働きから腺毛,粘毛,根毛,吸収毛,散布毛,側糸,感触毛などが分類される。 毛の働きは一様ではないが,植物体の保護の役目を果たすことが多い。…

※「腺毛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

出勤再開うつ

在宅勤務から出勤再開に伴う不安やストレスによって生じる心身の不調を指す俗称。2020年に新型コロナウイルスの感染拡大防止策として普及した、テレワークなどによる在宅での新しい働き方に慣れてきた頃に、緊急...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android