コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リレーショナルデータベース管理システム リレーショナルデータベースかんりシステム

IT用語がわかる辞典の解説

リレーショナルデータベースかんりシステム【リレーショナルデータベース管理システム】

データベースの代表的な形式のひとつであるリレーショナルデータベースを管理するためのシステム、またはソフトウェアの総称。表の形式で格納された各データの結合・抽出・比較などをSQLという照会言語を用いて行う。ソフトウェアにはオラクルOracle Database、マイクロソフトのMicrosoft Accessなどがある。◇「relational database management system」から「RDBMS」「リレーショナルDBMS」ともいう。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

リレーショナルデータベース管理システムの関連キーワードデータベース管理システムマイクロソフトアクセスPostgreSQLオラクル(企業名)

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android