リンツァン(臨滄)地区(読み)リンツァン(英語表記)Lincang

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リンツァン(臨滄)〔地区〕
リンツァン
Lincang

中国西南地方,ユンナン (雲南) 省南西部の地区。ホントワン (横断) 山脈の南に続く高原地域にあり,西境をタンルウィン川の上流ヌー (怒) 江,東境をメコン川の上流ランツァン (瀾滄) 江が南流する。5県と3自治県から成り,行政中心地はリンツァン県にある。農業が主産業で,イネ,トウモロコシ,芋類,サトウキビナンキンマメ,バナナ,コーヒーなどを栽培するが,特にティエンホン (滇紅) 茶やターイエ (大葉) 茶の産地として知られる。畜産も盛ん。森林が繁茂し,漢方薬材が豊富。アカシカ,イノシシ,クジャクなどの野生動物も多い。住民は漢族のほかワ族,タイ族,ラフ族,プーラン族,イ族。人口 200万 4174 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android