コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リンデマンの融解公式 Lindemann's equation of melting

法則の辞典の解説

リンデマンの融解公式【Lindemann's equation of melting】

固体内の原子の熱振動の振幅が加熱によって増加し,その振幅が原子間隔 R0 に比例するある定数(δ)になったときに融解が起きるとした.いま〈u2〉を原子の一方向の成分 u変位二乗平均だとすると

これをもとにデバイ温度*θ,平均原子量M,体積 V を導入すると〈u2〉は V2/3 に比例するので

TmcMθ2V2/3

となる.これをリンデマン融解公式という.δ は同族の物質についてはほぼ等しい値をとり,0.07~0.1程度である.

出典|朝倉書店法則の辞典について | 情報

リンデマンの融解公式の関連キーワードリンデマンの式リンデマン則デバイ温度U2V2

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android