コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リンドブラート Bertil Lindblad

1件 の用語解説(リンドブラートの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

リンドブラート【Bertil Lindblad】

1895‐1965
スウェーデン天文学者ウプサラ大学で学位を得て,1920年から22年までアメリカリック天文台およびウィルソン山天文台におもむき,恒星の絶対光度を決定する分光学的方法を見いだした。スウェーデンでは,その後,リンドブラートの方法を応用して,銀河系における星の空間密度分布の研究が伝統的に盛んに行われるようになった。リンドブラートは銀河系の構造について研究を進めて,銀河系が扁平な円盤形をしている理由は回転によっているに違いないと考えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

リンドブラートの関連キーワード深刻小説日清戦争ラジオ放送アニオン電着塗装観念小説文芸倶楽部石山雄大スズキフロンテ800W3火星探査機

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone