コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リンドブラート Bertil Lindblad

世界大百科事典 第2版の解説

リンドブラート【Bertil Lindblad】

1895‐1965
スウェーデンの天文学者。ウプサラ大学で学位を得て,1920年から22年までアメリカのリック天文台およびウィルソン山天文台におもむき,恒星の絶対光度を決定する分光学的方法を見いだした。スウェーデンでは,その後,リンドブラートの方法を応用して,銀河系における星の空間密度分布の研究が伝統的に盛んに行われるようになった。リンドブラートは銀河系の構造について研究を進めて,銀河系が扁平な円盤形をしている理由は回転によっているに違いないと考えた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

リンドブラートの関連キーワード日清戦争史(年表)[各個指定]芸能部門ゴダール(Jean-Luc Godard)森一生宇宙開発史(年表)深刻小説ゴーリキー(Maksim Gor'kiy)日清戦争樋口一葉レントゲン(Wilhelm Konrad Röntgen)

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android