コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リンパ節シンチグラフィー リンパせつシンチグラフィーlymphoscintigraphy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リンパ節シンチグラフィー
リンパせつシンチグラフィー
lymphoscintigraphy

放射性同位元素のコロイド性製剤を用いてシンチグラム上に細網内皮系組織を描画させる検査のこと。体表から触診できないリンパ節への悪性腫瘍の浸潤を調べるために行われ,198Au コロイドなどがよく用いられる。この検査では,リンパ節の腫大はある程度判定できるが,内部の破壊を知ることはむずかしい

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android