コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リンブルグ岩 リンブルグがん limburgite

1件 の用語解説(リンブルグ岩の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

リンブルグ岩

暗色の岩石で熔岩流,シル,岩脈などで産出する.橄欖(かんらん)石と輝石の斑晶が褐色のアルカリに富むガラス質の石基に含まれる岩石である.長石は含まれない[Rosenbusch : 1872].この岩石は化学的には非常に塩基性である.化学的にはガラス質のネフェリン玄武岩に相当しネフェリンの代わりにガラスになった岩石である.マグマ玄武岩(magma-basalt)とも呼ばれるドイツ,カイザースツール(Kaiserstuhl)のリンブルク(Limburg)に因む.橄欖輝石岩(limburgite)と同義.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リンブルグ岩の関連キーワードアジノール混合熔岩流砕塊熔岩流複合熔岩流流出熔岩流熔岩石筍流動角礫岩セマイトヴァイトパウダ岩ヴェナンゾ岩

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone