コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リン酸化反応 リンさんかはんのう phosphorylation

1件 の用語解説(リン酸化反応の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リン酸化反応
リンさんかはんのう
phosphorylation

生体内で行われる諸種の代謝のうち,有機化合物にリン酸基が結合する反応をいう。生じたリン酸化合物のうち,含有自由エネルギーが特に高いものを高エネルギーリン酸化合物という。特にアデノシン三リン酸 ATPは,ミトコンドリアでは酸化的リン酸化により生成し,細胞基質内では解糖,発酵により生成して,エネルギー代謝の中心的物質となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リン酸化反応の関連キーワード代謝拮抗物質物質代謝脂質代謝脂質代謝障害水素運搬体生体異物代謝生成物中間代謝内因性代謝生体内変化 (biotransformation)

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone