リード楽器(読み)リードガッキ

大辞林 第三版の解説

リードがっき【リード楽器】

発音源としてリードを用いる楽器の総称。管内気柱の振動を起こすためにリードを用いるクラリネット・オーボエなどの木管楽器やオルガン、リードそのものが発音源となっているリード-オルガン・ハーモニカ・アコーディオンなどがある。有簧ゆうこう楽器。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のリード楽器の言及

【楽器】より

… 管楽器を厳密にいうと笛類とらっぱ類だけになってしまうが,前述のwind instrumentsと同義語にとるならば,送風機構のついたオルガンやアコーディオン,それにハーモニカなども,空気の流動によって発音するという点で同類の楽器といえる。これらは弁(フリー・リード)を振動させる機構を伴っているので,有簧の縦笛およびらっぱ(唇をリップ・リードという)と併せて,リード楽器と総称することもある。
[弦楽器]
 つぎに弦楽器は,弦を振動させることによって発音する楽器という意味であり,構造の上からリラ系,ハープ系,チター系,リュート系に分けられる。…

※「リード楽器」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

リード楽器の関連情報