リール(読み)りーる(英語表記)Herbert Riehl

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リール(Herbert Riehl)
りーる
Herbert Riehl
(1915―1997)

ドイツ生まれの気象学者。アメリカのニューヨーク大学、シカゴ大学で学び、コロラド大学教授を務める。1972年、コロラド州立大学を辞してドイツに帰り、故シェルハーグRichard T. A. Scherhag(1907―1970)教授の後任としてベルリン自由大学教授となった。その後アメリカ国立大気研究センター研究員となる。熱帯気象学、とくに熱帯の大循環、台風、偏東風波動、熱収支などの研究が有名で、1979年の『熱帯の気候と天気』は標準的な教科書として広く読まれている。[根本順吉]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

COVID-19

2019年末に発生した新型コロナウイルス感染による症状の名称。コロナウイルス(Coronavirus)と病気(Disease)の短縮形に、感染が報告され始めた2019年を組み合わせ、20年2月11日に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

リールの関連情報