コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熱収支 ネツシュウシ

世界大百科事典 第2版の解説

ねつしゅうし【熱収支 heat balance】

システムの工学的解析の基本は保存則の適用である。保存則には,各元素の質量の保存,エネルギーの保存,運動量の保存があるが,このうちエネルギー収支のことをふつう熱収支という。これは,エネルギーは力学的エネルギーと熱エネルギーの和であるが,熱エネルギーのほうが圧倒的に大きいので,力学的エネルギーを無視しても近似的にエネルギー保存則が成り立つからである。しかし正確には力学的エネルギーを考慮したエネルギー収支をとらなければならない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ねつしゅうし【熱収支】

地表面における熱の出入り(収支)。狭義には、地表面での顕熱・潜熱、地中との熱交換の和(収支)をいう。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

熱収支の関連キーワードリール(Herbert Riehl)ハロルド ジェフリーズヒートアイランド湿球黒球温度H. リールジェフリーズメルケル線図海洋気象学気象熱力学MONEXボウエン比WBGT地球放射高層大気体感温度人工衛星室内気候暑さ指数地球熱学微気象

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

熱収支の関連情報