コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルイス式機関銃 ルイスしききかんじゅうLewis machine gun

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルイス式機関銃
ルイスしききかんじゅう
Lewis machine gun

アメリカの軍人,技術家 I.ルイスが,1911年に開発した軽機関銃口径 7.69mm。銃身内の火薬ガスの一部を誘導して,発射から装填までの全動作を自動的に行わせるのが特徴で,その後アルミニウム製の空冷式放熱器を取付けて注目された。軽量,反動が少いため,戦闘機に取付けられ,その主要兵器の一つとなった。アメリカだけでなく,第1次世界大戦中にイギリス,フランス,ベルギー各国で採用された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android