コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルオ

百科事典マイペディアの解説

ルオ

東アフリカ,ケニア西部からタンザニア西部にかけて分布する民族。13―18世紀にかけて現在のウガンダ,スーダン,エチオピアの国境地帯から移住してきた西部ナイル語系の農耕民で,ケニア最大の民族キクユとは政治的に対立関係にあった。
→関連項目カレンジンベンガ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

ルオの関連キーワードハイペイ(海北)チベット(蔵)族自治州美人心計~一人の妃と二人の皇帝~僕のSweet Devilケニア・アフリカ民族同盟チャンイエ(張掖)地区ウェイナン(渭南)地区イエンアン(延安)地区チーリエン(祁連)山脈ルオヤン(洛陽)特別市アルシャ(阿拉善)高原ホントの恋の見つけかたチャンイエ(張掖)市シャンタン(山丹)県チータン(志丹)県ターリー(大茘)県ロンメン(竜門)峡ライラ オディンガエリザベス ロエホット・ショットアレックス ロー

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ルオの関連情報