ルトフィ・アッサイイド(英語表記)Luṭfi al‐Sayyid

世界大百科事典 第2版の解説

ルトフィ・アッサイイド【Luṭfi al‐Sayyid】

1872‐1963
エジプト思想家ムハンマド・アブドゥフイスラム改革思想を〈自由主義開明派〉の立場から継承した代表的人物と目された。自ら主宰する《ジャリーダ》紙(1907‐14)上を中心に,イスラムの枠にこだわらずギリシア哲学や西欧自由主義思想をも駆使する世俗国家論を展開。20世紀初期のエジプト・ナショナリズム高揚の一翼を担った。第1次大戦後はエジプト・ジャーナリズムの発展と教育(特に女性の)普及に尽力,1926年以来カイロ大学学長として,また42年からはカイロ・アラビア語アカデミー総裁として学問の自由の擁護に貢献した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android